廃車 鹿児島 車処分

自動車を処分したい方は

 

自動車を処分するなら廃車を…と考えている方、少し待ってください!事故車や水没車、炎上車のような廃車するしかないようなボロボロの車でも、最近は買取が可能なケースが増えてきています。事故車を専門に扱う買取業者が出てきたからですね。廃車するしかないだろう、と決め付ける前に、中古車の無料査定一括サイトを利用してみましょう。

廃車寸前の車を買取ってくれる業者の数は多いわけではありませんが、自動車を廃車にして処分をするには費用がかかります。処分のために出費をするくらいなら、買取ってもらったほうが断然お得です!

 

そして、なるべく多くの買取業者に査定をしてもらいましょう。驚くほどの価格で売れた例があるくらいですからね。自動車は廃車寸前でも、海外での再利用、パーツ・部品取り、鉄などにリサイクルする、という活用法があるので、買取ってもらうことができるのです。自動車を廃車して処分をすると、解体費用として1~2万円の支払が生じます。また登録末梢のための手続きでは、末梢登録費用までかかるので、処分には買取が一番おすすめです。買取に応じてもらえなかった場合に、廃車手続きで処分するようにしましょう。代行業者に頼んだり、自分で手続きを行うことになりますが。

 

廃車の処分方法とは?

 

廃車の処分方法は3つあります。一時末梢登録、永久末梢登録、解体届出の3つで、どの廃車手続きをするかで処分方法や必要書類が違ってきます。
一時末梢登録の場合は、一時的な廃車手続きであり、自動車の使用をある期間だけ中止する手続きです。処分方法は、代行業者やディーラーや車屋などに一任することも可能です。その場合は廃車手続きの費用として、数万円ほどの支払が生じるのが通常です。顔なじみの営業マンがいれば、後々の付き合いのために無料で引き受けてくれることもあるかもしれませんが、大抵は料金を請求されます。廃車手続きを自分で行う場合は、まず必要書類を集めることが必要です。ディーラーなどに依頼する際の必要書類は、一時末梢登録の場合だと車検証、印鑑証明、委任状、ナンバープレートになります。
自分で行う場合は以上4つの書類に加えて、手数料納付書、一時末梢登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書などが必要になります。永久末梢手続きの場合は、末梢登録申請書、解体証明書、手数料納付書、印鑑証明書、印鑑、ナンバープレート、車検証が必要です。廃車手続きは陸運局で受け付けていますので、書類は窓口に提出しましょう。そういった手間が面倒な方は、下記のサイトをご参照ください。

 

↓愛車の売却をご検討の方はコチラ!↓

≪ お住まい地域の車一括査定サイト ≫